スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



本棚


スザンナ・タマーロが続きます。
前回の「心のおもむくままに」の前の作品だそうで、こちらは短編集です。
最後の作品が表題作で、次作を連想させます。
が、、、
こちらは重いですねー、全部(^_^;)
最初の「また月曜日」は皆さんどこで気付くでしょうか。


趣味全開(笑)
読むタイミングが難しい本です。食後も食前もオススメ出来ないですし、食べながらなんてオカシイとしか言いようがない。
と言うような本を嬉々として読むような人でございます、ハイ。

研究者は研究の為ならホントに何でもやるんだな…と言う普通の人ならドン引きな内容しか書いてありません。
病原菌だろうが、致死量の劇薬だろうが、嘔吐物だろうが、取り合えず飲んだり注射したり…


彼は塩酸を飲むと言う直接的な方法を試みたが、塩酸には歯を溶かす性質があることに気づいた。一パーセントに薄めた溶液でも、飲むと喉をやられたので、一度に五百ミリリットル以上はとても飲む気になれなかった。

どこから突っ込んだものか、もう分かりません。

でもこれがほんの2、300年前の話ってのがね。
本当に最近の進歩と言うのは、恐ろしいスピードだなぁ。と。

こうした変態の奇行の成果でございます(´`)

訳者さん、凄いなぁ…(笑)



ひさびさに岸本さん。
器の話が多いです。
古いものと、古い記憶。
丁寧な感性が美しいな、と思います。



スポンサーサイト

2016.05.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | レビュー



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

しろん

Author:しろん
こちら東北秋田県。
しろんと申します。ハワイに行きたいです。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。