スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



自分の世界は自分が作っている(自分変換シリーズ)

引き寄せなどをやっていると必ず出会う言葉だと思います。

現状気に食わないその世界を作っているのは、他ならぬあなた自身です。

「お前が悪いんだよ(蔑)」
って言われてる感じがしてならないんですけど、気のせいなんでしょうか。

自分で作った世界に文句を言うってのは

自分で値段設定したくせに
「チロル一個200円とか高過ぎでしょ!バカなんじゃないの!決めたの自分だけど!信じらんない!」
みたいな?

あるいは

自分でシフト組んでおいて
「毎日12時間労働で休みなしとか殺す気か?!誰だよ、シフト作ったの!俺か!」

みたいな?


何だこの一人芝居( ̄ ̄)
どう考えてもギャグ。

スポンサーサイト

2015.08.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類



死にはしない

一日くらい食べなくたって死なないよ!
一日くらい寝なくたって何とかなるよ!


○○しなくても死なないよ~
とはよく言いますが

そりゃね、そんなすぐ死なないけどさ、




だから何だ


だから大丈夫ではないよ。

死ぬかどうか心配してる訳ではなく


死にそうになるだけだし

( ̄ ̄)


辛くても何とかなっちゃうのが問題





2015.08.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類



「何がしたいか分からない」

てのは、

別に何もしたくないけど、「何か」しないといけない(ような気がする)から「何か」したい。
けれども、
何がしたいか分からない…


私変換
 ↓

別にお腹はすいてないんだけど、何も食べないと皆が心配するし、まぁ何か食べた方がいいだろうから何か食べようかな。
でも、別に今食べたい訳ではないし、食べたい物もないんだけどな…

的な?

何がしたいか分からない?
何かしたいと思ってる?


気持ちってのは「出すもの」ではなく「出るもの」
と言う言葉に凄く納得。
なるほど…( ̄O ̄)

欲求ってのは自然に発生するものですよね。
寝ようとして寝られるものではない。
眠いから寝るのだ。(生理的欲求)


自然に起こること以上に素敵な事なんてない
by高槁ナナ


「何かせねば!」(゜ロ゜)とムリヤリ頑張る方が不自然なのね。

なぜ何かしようとしているのか?



悩んでない人の悩み相談
杉田さんのブログ
http://ameblo.jp/takashisugita/entry-12045508420.html

相変わらずリンク出来ないので、コメントから翔べるようにしました(笑)

2015.08.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 先生たちのブログ



呟き

美人は薄命かも知れんが
偉人は長生きだ!

大器万歳!

2015.08.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類



秋商バンザイ

一回戦負けが恒例だった秋田の甲子園。

一度道が開かれれば、そこから先へ行くもの。

いつか秋田が甲子園で優勝するのを見るだろう。

それが県北だったら凄く嬉しいなー(小声)


秋商頑張れ!

2015.08.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類



大お片付け④おまけ

どういう訳か、お片付けが大分進んできた頃から

遅刻しなくなりました

遅刻魔でした(´∇`)←

時間にルーズでどうしようもなかったです。
そう言えば…小学生の頃からだった(^_^;)筋金入りだぜ…


それが何故か突然、余裕綽々で間に合うようになったんです。
定刻には来ない人として認識されていた(酷いな…)のが、10分前には着いてたりして。

物が減ったから準備がしやすくなったとか、そう言う事もないのですが。

ホントに謎ですが、とにかく時間セレブなんです。

多分、人によってこの「副作用」は違うと思いますが、部屋が片付く事以外にも必ず何かいい変化があると思います。

(何故モテる方向では無かったのか)

人生の変化の時には本気で部屋を片付けたくなるものらしいです。

たくさんの物を、どうにかタンスに突っ込む為の、お片付けの真似事を繰り返しては来ましたが、こんなに本気で「捨てる」に取り組んだ事は無かったです。

捨ててもいいんです。
売らなくても、あげなくても、まだ新品でも、プレゼントでも、いつか何かに使うかも知れなくても(でも多分使う日は来ない)

その物をどうするか、自分で決めていい。

と言うのがお片付けの「マインド」だと思います。

自分の人生を自分で決めたくなった時、本気で片付けたくなるのかなと思います。

自分を幸せに「してくれた」物に片を付け、自分を幸せに「してくれる」物と共に未来へと踏み出そう。


これにて、お片付け終了。

2015.08.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類



大お片付け③捨てるコツ

コツって言うか、支えにしていた言葉たち。

こんまりさんの本以外にもう一冊、私を支えてくれたのが



大好き池田さんシリーズ

池田さん(友達か)は



汚部屋の住人でした。

片付けって言うと、なんか上から目線で「片付けられない人なんてサイテーなんだよ!」みたいなニュアンスを感じるのですが(被害妄想?)

この本は同じ目線で解説してくれているようで、読んでて凄く
気が楽
になるのです。


捨てるのが難しいものって



特にこの部分



持っていても過ちが消せる訳ではない

高かったからとか、かわいいと思ったとか、痩せたら着るとか、




とりあえずとっておいても、罪は消せないのだ(大袈裟)

「過去に片をつけ、未来へと踏み出す」
それが片付けなのだとこんまりさんが言っておられます。


お片付けってホントにマインドだなorz
捨てるって凄い大変だった。
今まで出来なかった訳だorz







痩せたい気持ちは棄ててない(モノは捨てた)

2015.08.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類



大お片付け②本が捨てられない




服より本の方がハードルが高かったです。
殆ど減りませんでした。

でもいいのです。
本にも書いてありますが、
「大事な事は何を残すか。何と一緒に生きていくかを決めること」

捨てるものがないならないでいいのです。
むしろそっちの方が素晴らしい事です。


片付け中何度となく呪文のように唱えた言葉
「捨てるものを選ぶのではない」

2015.08.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類



ときめくかもしれない  大お片付け①

買いました。




6月からじわじわと始めた捨て祭りが、本日全て完了しました。

今までも夏になると夏替えのついでに大掃除や、服の整理を何度となく繰返しては挫折して来ましたが

終ったのです。

本に従って服から。

それはもう



途方に暮れました。
(実際泣いたw)



最初45リットルのごみ袋を買うのもためらったのですが、
途中で
45リットルでも足りないんじゃねーか
と思い始めました(笑)



2015.08.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類



死なない理由

ネタバレあり



終了直前に駆け込んで観てきました。

凄 い 良 か っ た !

まさか泣くとは思って無かったので不意打ち喰らいました。


写真は今回の主人公(だよね?)のフュリオサです。

彼女がもうマジ、カッコいいです。

崇拝したいです。

むしろしています。

大隊長ーー!∟(゜ロ゜∟)



独裁者イモータン・ジョーの手下として仕えながら、ずっとヤツをぶっ殺す隙を伺っていたフュリオサ。

故郷である緑の地へと帰りつくも、「緑」は既に失われていた。

いま、遺された緑の地は、悔しくも独裁者が支配していた砦なのだと気づいて引き返す。。。

結局イモータンと闘う事になり、フュリオサは復讐を果たします。

彼女こそ聖母。

そしてもう一人、ウォーボーイのニュークスと言う男が出てきますが、こいつが、

死なない


凄い死にそうなのに死なんのです(笑)

(汚染による病気で長くないらしい)

そして誰も彼を殺さない(笑)

「何故トドメを刺さん!」と何度叫んだ事か。

死にそうで死なないし、ここぞと言う所で残念な男ニュークス。

完全なイモータン崇拝者でしたが、色々残念な事が重なって(笑)フュリオサ側に付く事になり、最後には英雄として死にます。

彼の死ぬべき所はここか。

なかなか死なないヤツは、まだ何かお役目があるんだな、と思いました。

なかなか死なないヤツ

私です。

何度も死にかけては戻ってきました。

何で生きてんだと思うことも多いのですが、きっとニュークスみたいにまだお役目があるに違いない!

と、うっかり生きる勇気をもらったマッドマックスでした。


フュリオサーーーーーーーーー!\(゜ロ゜\)





2015.08.09 | | コメント(0) | トラックバック(0) | レビュー



«  | ホーム |  »

プロフィール

しろん

Author:しろん
こちら東北秋田県。
しろんと申します。ハワイに行きたいです。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。